人気の業界という言い方がありますが、転職をする時に参考している人が多いかもしれません。

人気がある業界には特徴があり、単に仕事内容がカッコイイ、派手で景気が良さそうという印象が強いかもしれませんが、リーマンショック以降からは少し違ってきているようです。社会的なニーズが多く、安定した経営状態に加えて年齢に関係なく長く仕事ができる業界に転職希望者が集中しています。

例えば、ドラッグストアでは薬剤師の求人を多く出しています。これは病院や薬局を中心に仕事をしている薬剤師の需要が、ドラッグストアも含まれるようになったということです。規制緩和により、インターネットでも一般用医薬品を販売することができるようになりましたが、小売業のドラッグストアもネット上で販売できるようになりました。

処方箋の問題や、薬の飲み合わせ、症状についてなど幅広い対応をすることにより、ネット販売への懸念を払拭するようにしました。そのため、薬剤師のニーズが急激に増えたのです。薬剤師の中にはこれを機に転職活動をした人も多いですし、雇用形態は問わずに時給を高額にすることで求人に差をつけるところもあります。

先日、全国的に不足している保育士や介護福祉の給与を引き上げるように政府が決定しました。これにより、人材不足の業界が安定した業界を目指すことで人気の業界になっていくかもしれません。待遇の改善や規制緩和がきっかけとなり、なかなか人材が呼び込めなかった業界も転職先のひとつとして選択肢に入る可能性が高くなりました。

リクルートエージェントについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です