転職活動をするにあたり、面接にこぎ着けることは何度もありますし、今後もっと多く経験することになるかもしれません。

その場合に、ここに注意をしていかなくてはならないということがいくつもあります。日本では転職のイメージはあまりいいものではありません。向いていないからとすぐに辞めるのだろう、根気がないのだろう、1つのことを続けられないというのはあまり良くないといったイメージが先行し、転職に悪いイメージを持つ人が多くいます。

欧米ではむしろ職を変えることが普通ですが、日本だとどこか色眼鏡で見られがちです。転職したい人を色眼鏡で見てしまうのは企業側も同じです。仮に入れさせたとしても辞められてしまっては元も子もないため、新卒採用よりも慎重に面接が行われます。

その際に聞かれる前職を辞めた理由では、慎重に言葉を選ぶ必要があります。辞める理由として、手取りが少ない、サービス残業が多い、上司と相性が悪いなど色々あります。それを言ってしまうのは正直でいいですが、企業側からするとまた同じことを言って辞めていくのではないかと考えてしまいます。

正社員として採用する場合、かなりの費用がかかります。アルバイトを採用するのとは訳が違うため、出来る限り長く働いてくれる人を探します。そうした時に福利厚生、もしくはお金を理由として辞めたというのは心象を損ねてしまいます。理由がそうであったとしても、やりたい仕事があったから、別の道にチャレンジしたいと思ったからと理由付けをし、それで面接に臨むことをおすすめします。

リクルートエージェントについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です