最近資格マニアと呼ばれる人たちが増加しています。

さまざまな資格を取得し、満足している人たちです。資格とは、本来何かに役立てるために取るものですが、この人たちは取得することそのものを目的としています。資格を取るために勉強をし、取得できたら次の資格を目指します。

役立てようと思っているわけではありませんので、取得する資格に一貫性はありません。確かに資格はあって邪魔になるものではありませんが、取得しただけでそれを生かそうとはしない、というのはもったいない話です。転職においても、資格欄にたくさん記載があれば、目を引くことは確かでしょう。

しかし、経理の職種に応募してきた人材が、調理師やコンピュータ、医療事務の資格を持っていたとしたら、採用担当者はどう思うでしょうか。きっと、この人は一体何がしたいのか、と疑問に思うはずです。経理の仕事なら、簿記や会計士など、経理に関わる資格を持っているなら説得力があり、印象は良くなるでしょう。

転職において、資格はそれほど重視されません。重視されるような資格であれば、応募条件に記載されています。即戦力になるのは資格よりも実務経験ですから、資格にとらわれ過ぎるのは考えものです。しかし、他業種への転職などでは、その業種に関する資格を持っていることが有利になる場合があります。

業種は未経験でも、その業界に興味を持ち、勉強したことを示せるからです。向上心を持っている人材は、どんな企業でも欲しがります。

リクルートエージェントについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です