日本でも近年、好条件やより良い環境を求めて活動する転職希望者が増えています。

終身雇用が当たり前の時代ではなくなり、子育てや結婚などのライフイベントに応じて、あるいはキャリアアップや自己実現のため、今の仕事を離れてステップアップすることが一般的になってきています。希望者向けの支援サイトやエージェントといったサービスを提供する企業も増えてきている今、転職活動を有利に進めるためにはどうすれば良いのでしょうか。

一番大事なのは、早くから活動を進めることです。退職願などを今の職場に出すのはどんなに遅くとも1ヶ月前というのが常識ですが、転職活動自体は希望時期の半年前には始めましょう。希望があって新たな仕事を探すのですから、急いで良いことはありません。

新卒の時以上に、自身と企業とのミスマッチには敏感になり、より多くの企業を見て、より多くの職種・職場を探しましょう。社会人ですから、働きながら活動する大変さを考慮すればするほど、活動期間は長く見積るべきなのです。

次に、効率的な活動をするためにエージェントを活用することです。エージェントは希望者に企業や採募集案件を紹介し、採用が決まれば企業側から成功報酬を貰うので、無料で頼ることができます。

転職サイトなどに登録すれば多数のエージェントと接触する機会がありますし、彼らはその道のプロなのでその人に合った企業や職種の分析、職務経歴書の指導などもしてくれます。1人で転職活動を0から始めようと思うと労力も時間もかかりますので、ぜひエージェントを利用しましょう。

リクルートエージェントについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です