転職にどれくらいの時間がかかるか、ご存じでしょうか。

1ヶ月程度で早々と決まる人もいれば、何年もかかる人もいます。退職してから次の仕事を探す人は、何年もかけるわけにはいきません。在職中に転職活動をする人は、経済的な問題はないかもしれませんが、あまり時間をかけすぎるのは賢明ではありません。

人生を左右する一大事ですから、慎重になるのは当然です。しかし何事にも限度がありますから、半年以上かけるのは慎重の一言では済みません。特に仕事に関することは、モチベーションが非常に大事になってきます。

新しい職場で一からやり直したい、という強い気持ちは、何年も維持できるわけではありません。良い職場が見つからなければこのまま今の会社にいれば良い、という逃げ道があるため、余計にダラダラとしてしまいます。転職活動を始める前に、次の仕事に求めるものを明確にし、仕事選びの際に優先順位をつけておくと良いでしょう。

漠然と今よりも良い職場が良い、などという感覚では、迷いが多くなって苦労します。こちらの仕事は給料は良いが規模が小さい、あちらの仕事は給料も福利厚生も申し分ないが少し遠い、などと狙いが定まりません。

挙げ句のはてには、せっかくもらった内定を辞退することにもなりかねないでしょう。すべて理想通りの仕事などないということを前提に、優先順位をつけることは不可欠です。そのためにも転職の目的をハッキリさせて奥必要があります。

リクルートエージェントについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です