転職活動で成功する為には、これまでの仕事の中で面接官に納得するように即戦力をアピールする事が基本です。

30歳を過ぎてから転職活動で求められる事として、前職で結果を出したり、成功した事例を具体的に述べる事です。国内の会社では若年者を育てて一人前に育てるシステムが構築している事を考えると、25歳程度までの転職希望者ならば熱意や良質な人柄などをアピールすれば採用に繋がります。

30歳を過ぎた人は成功した事や実績の事例が無いと採用は難しいので、キャリアの中での実績を分析して、組織の中で結果をすぐに出せるアピールの仕方が有効的です。自分の個性的な部分を分析しながら、即戦力といえる成功の事例を示す事が採用の近道です。

転職活動で大切な事として、単に結果や実績を語るだけでは不十分です。これまでの実務の中で成功したといえる過程をアピールしたり、業務中で成功に導く状況を踏まえながら行動した内容を示す事が求められます。

営業の成績が優秀である事を示す事は採用者から見て即戦力と判断されないので、優秀と感じさせる状況などの話に深みを伴うようにアピールを行う事が大切です。採用担当者に対する示し方としては専門用語を羅列しない事が前提で、極端に難しい話に持っていく必要は無いです。

ビジネスの現場では結果が求められるが、一定の行動に徹底しても必ず正解はないので、自分がこれまで仕事を行ってきた中で、どのように実績を出したのかを採用担当者に分からせるようにアピールします。

リクルートエージェントについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です